管理薬剤師について

病院・調剤薬局・ドラッグストアといった医薬品を販売(製造)する場所には、薬剤師以外にある人を置かなければいけません。
そのある人とは「管理薬剤師」です。
管理薬剤師とは、簡単にいえば総合的な管理能力を持っている人を指します。
つまり薬の処方箋はもちろんのこと(薬の管理)、そこで働いている従業員の管理指導をも行うことのできる人なのです。
そしてさらにいうならば、経営者と従業員の橋渡し=相互のコミュニケーションも図らなければいけません。
詳しくは薬剤師の転職サイトをご覧ください。

→薬剤師転職サイト


大学に入り直して薬剤師に転職してみた

数年前に病気を患い、薬というものの重要性を知ってから、薬剤師という仕事に大変な興味を持つようになりました。
そして、会社を退職し、大学に入り直して、アルバイトをしながら薬に関しての勉強をたくさんしました。
今はなんとか薬剤師の資格を得て、就職を決めることができてよかったと思います。
私の友人は会社を辞めて薬剤師になったとしても、30歳に近づいた頃になれば就職先はないと言っていましたが、これが全くの逆で、現在の薬剤師は人手不足で求人広告にはたくさんの募集が載っていました。
今は就職するのに苦労する時代ですが、薬剤師の転職の最大のメリットは、企業に求められているというところにあると思います。
私も大手のドラッグストアにあっという間に就職できましたし、給料も前の会社よりも良くなっているので満足しています。
もちろん、ものすごく忙しいのですが、薬にも詳しくなれますし、自分の健康を守るということに関しても薬剤師の転職はメリットがあるように思います。